KANZIん帳・その壱拾   '98/10/23〜11/ 3

He-sanの買付日記

田舎の民家に泊まる!

タイの友人が、ちょうど里帰りをするから一緒に車で行かないかと誘ってくれたので、友人に合わせて日程を組み、田舎の民家に泊まることになりました。民家に泊まるのは2回目です。失礼かと思いましたが、いろいろ写真を撮らせていただきました。

お寺にも泊まったよ!

今回は、お寺を2カ所訪問することができました。1つは、HIV感染者の人のケアーと仕事作りをやっていて、もう1つの寺は、HIV感染者を収容して治療を施しているのです。
日本人が来たことがなかったらしく、伺うことをお坊さんに伝えたら、わざわざ12〜3時間かかるところから、直々迎えに来ていただきました。タイ人の友人にそのことを言うと、それはとっても特別なことらしく、たくさんタンブン(得を積むこと≒寄付)しなくては、とおどかされました
そこでは、修行僧が寝泊まりする、確か「ニヨム」と呼ばれる所に泊まりました。これは初めての経験でした。